泌尿器科の看護師年収

泌尿器科の看護師年収


医療の世界は日々遂げる技術的進歩や新薬開発の飛躍進展によってより専門的で高次な水準の医療を受けることができるようになりました。専門治療は今まで治すことが難しいとされた病気の治癒・緩和・回復の可能性を最大限探り、できる限りの症状軽減やQOLを維持した患者さんの「生」を尊重した医療を実現しようとしています。診療科目は細分化が進み、その領域における最先端の医療を提供していくためには、より高い専門性が求められるようになりました。特に医師とともに医療の最前線に立つ看護師には、患者さんの心身を支えるジェネラルなケアスキルにプラスして特定科目を追求したスペシャリストスキルも必要とされています。

 泌尿器科では体の老廃物を尿として排泄するという大切な役割を持つ腎臓を守り、快適におしっこをするための専門的治療を行う診療科です。そのため泌尿器科においては尿の排泄に関係のある、腎臓・尿管・膀胱・尿道・男性性器(睾丸・精管・精嚢・前立腺)の疾患を取扱う診療科です。女性の尿路疾患も泌尿器科の診察対象になりますが、女性性器に関する疾患に関しては婦人科の扱いになります。

おしっこを貯める器官である膀胱は、健康な成人では300〜400ccの尿をもらすことなく貯める事ができます。しかし膀胱の感覚が過敏になると、尿が少し貯まっただけでも尿意を感じたり何度もトイレに行きたくなる頻尿や、尿道の力が弱く膀胱に貯まった尿をガマンできない場合には尿失禁が起こります。こうしたおしっこのトラブルには病気が隠れていることもありますが、加齢による身体機能の衰えからくることが大半です。

そのため年齢を理由に泌尿器科の受診を躊躇する人が多く、不快な悩みを抱えこんでいる人が少なくありません。多くは泌尿器科への抵抗や抱えるトラブルに対する羞恥心からくるものなので、特に医療と患者さんの間に立つ看護師には、そうした患者さんが抱える心のストレスをできるだけ軽減し、症状を改善することでより活動的な生活が送れることを示していく必要があります。受診しやすい環境作りも大切です。特にこれからの高齢化社会では増加が予測される健康トラブルだけに、専門領域への深い理解と知識を持ったスタッフの充実が求められています。

そんな医療現場を支え患者さんの心のケアといった面からも不可欠な存在である看護師の平均年収は約450〜470万円です。泌尿器系の看護師にはコンチネンス・アドバイザー(認定排泄ケア専門員)や排尿機能検査士といった専門資格があり、年収UPにつながる資格ではあります。しかしながら看護師年収は勤務する病院によるところが大きいため、年収UPも含めたキャリアステップには転職もひとつの方策です。「ナースではたらこ」や「マイナビ看護師」など看護師を専門に転職支援するサービスでは、スキルや資格を発揮できる職場探し&年収UPを目指した転職も積極的にサポートしてくれるためまずは登録してみる価値必見です。

看護師年収アップの転職サービスランキング!人気NO.1企業はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>看護師転職サイトランキングの2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2017 看護師年収アップ.com All Rights Reserved.
[他サイト] ナーススタイルTV メディカルワン ワークステーション スーパーナース 求人センター スマイルナース キララ アソシア ジョブデポ メディサポ カンゴワークス ジョブナス JJ ドットコム パートナーズ おたすけナース カンゴシティ @Medico アイデム ナイチンゲール セレクト とらばーゆ FA はたらこ DODA 医療ワーカー 看護ジャパン 求人ひろば 求人ER キュービック eナース MEDFit 「科目別の看護師年収」 ER ICU NICU リハビリ科 一般外科 一般内科 眼科 形成外科 健診 呼吸器外科 耳鼻科 手術室 循環器科 小児科 消化器科 心臓血管科 心療科 神経科 人間ドック 腎臓科 整形科 精神科 透析科 脳神経科 泌尿器科 美容整形外科 病理科 婦人科 放射線科 麻酔科 老人科