耳鼻科の看護師年収

耳鼻科の看護師年収


医療の世界は日々遂げる技術的進歩や新薬開発の飛躍進展によってより専門的で高次な水準の医療を受けることができるようになりました。専門治療は今まで治すことが難しいとされた病気の治癒・緩和・回復の可能性を最大限探り、できる限りの症状軽減やQOLを維持した患者さんの「生」を尊重した医療を実現しようとしています。診療科目は細分化が進み、その領域における最先端の医療を提供していくためには、より高い専門性が求められるようになりました。特に医師とともに医療の最前線に立つ看護師には、患者さんの心身を支えるジェネラルなケアスキルにプラスして特定科目を追求したスペシャリストスキルも必要とされています。

人の顔にあり視覚、聴覚、臭覚、味覚をつかさどる器官である目、耳、鼻、口という感覚器官は生活していく上でとても大切な役割を果たしています。例えば耳は音を聴きバランス感覚に働き、鼻は匂いを感じ取る器官として嗅細胞と呼ばれる粘膜がエーテル臭・樟脳臭・ジャコウ臭・花臭、ハッカ臭・刺激臭・腐敗臭の7種類の臭気を感じ取ります。そして舌は口に入れた物の味を感じ取り、味わい、口に入れた物が危険かどうか判断する機能を果たします。それぞれの器官が生きていく上で非常に大切な役割を持つため、これらの器官が病気になると日常生活に大きな影響を与え、場合によっては患者さんのQOLを著しく低下させることもあります。

耳鼻科はそうした主要な感覚器である耳や鼻をはじめ、関連する咽頭・喉頭・口腔などの疾患を専門とする診療科です。耳や鼻に関わる病気には、内耳の異常によりめまいの発作が繰り返される「メニエール病」、細菌やウイルスの感染により耳の中耳部分に炎症が起こる「中耳炎」、風邪の細菌副鼻腔に感染し繁殖する「急性副鼻腔炎」、発作的にくしゃみ・鼻水・鼻づまりの3大症状を繰り返す「アレルギー性鼻炎」「花粉症」「血管運動神経性鼻炎」などがあります。

耳鼻科というと内科や外科に比べてマイナー・マニアックな領域イメージがある人も多いようですが、人間の大切な五感に関わる重要な領域です。耳と鼻は複雑に関係性を持った感覚器官であることから多角的な視点を要し、部位も小さく繊細な技術を要します。患者さんのQOLに直結する診療領域のひとつです。

そんな医療現場を支える看護師の平均年収は約450〜470万円で推移しています。収入面では非常に安定した職業ではありますが、ある程度の年収になると昇給幅が少ないのも看護師給与の特徴です。また役職、学歴、取得している資格などによって各種手当がありますが、診療科目による大きな年収差はあまりありません。どちらかというと看護師の年収を左右するのは勤務する病院によるところが大きいため、年収も含めたキャリアアップを考えている場合には転職もひとつの選択肢となるでしょう。「ナースではたらこ」や「マイナビ看護師」など看護師を専門に転職支援するサービスでは、自分に最適な職場探し&年収UPを目指した転職も積極的にサポートしてくれます!

看護師年収アップの転職サービスランキング!人気NO.1企業はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>看護師転職サイトランキングの2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2017 看護師年収アップ.com All Rights Reserved.
[他サイト] ナーススタイルTV メディカルワン ワークステーション スーパーナース 求人センター スマイルナース キララ アソシア ジョブデポ メディサポ カンゴワークス ジョブナス JJ ドットコム パートナーズ おたすけナース カンゴシティ @Medico アイデム ナイチンゲール セレクト とらばーゆ FA はたらこ DODA 医療ワーカー 看護ジャパン 求人ひろば 求人ER キュービック eナース MEDFit 「科目別の看護師年収」 ER ICU NICU リハビリ科 一般外科 一般内科 眼科 形成外科 健診 呼吸器外科 耳鼻科 手術室 循環器科 小児科 消化器科 心臓血管科 心療科 神経科 人間ドック 腎臓科 整形科 精神科 透析科 脳神経科 泌尿器科 美容整形外科 病理科 婦人科 放射線科 麻酔科 老人科