看護師年収アップ.com

看護師年収の基礎知識 30代の看護師年収

 20代の年収を比較すると、看護師と会社員では看護師の方が断然高額であることが明らかになったわけですが、この状況は30代になるとどうなるのでしょう?ここでは、30代の看護師の年収に注目してみることにしましょう。

 具体的なデータをご紹介する前に、1つ前置きしておきたいことがあります。それは、30代とは、個々の状況の違いによってかなり年収にばらつきが出始める年代であるということです。20代のころはみんな新人、みんなが研修をかねて現場に入り、同じようなお給料を手にしてきました。しかしながら30代以降は、個人のスキルや経験によって、同じ年齢・同じ職業であっても年収にかなりの差が生じる場合があります。よく「20代のうちにたくさん苦労をするべきだ」といわれていますが、この苦労をしっかりと積み上げ、そこから習得できるものを確実に吸収してこられた人は、自然と高収入になる傾向にあります。このことは、何も看護師の年収に限ったことではないのですが。

 さて、前置きが長くなりましたが、本題に入ります。30代看護師の平均年収は、おおよそ500万円前後であるといわれています。また、30代で主任看護師レベルにまで到達できた看護師はさらに高額で、600万円から700万円もの年収になります。同じ30代の看護師でも、ポジションによってかなり年収に差が生じることがお分かりいただけたでしょうか?ちなみに、比較対象として30代女性の平均年収をご紹介しておきますと、30代前半で約301万円、30代後半で290万円というデータが出ています。20代の年収同様、看護師の年収の方がかなり高額であることがわかりますね。

 しかし、ここで注目しておきたいのが30代会社員男性の平均年収です。一般的に男性会社員の場合、30代といえば職場である程度の立場を確立する年齢だといえます。20代の頃よりも仕事に対する責任が重くなり、それと比例するかたちで年収額としてもぐっと高くなる傾向にあります。具体的なデータをご紹介しますと、30代前半で約453万円、30代後半で530万円という数字が出てきます。いかがでしょうか?30代の看護師年収と比較して、30代後半になれば同じ位にまで到達することがわかりますね。

 若い頃は看護師という仕事は確かに高収入です。しかし、昇給という面を比較すれば、一般的な会社員の方が優位な立場にあるといえるのではないでしょうか?

看護師年収アップの転職サービスランキング!人気NO.1企業はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>看護師転職サイトランキングの2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2017 看護師年収アップ.com All Rights Reserved.
[他サイト] ナーススタイルTV メディカルワン ワークステーション スーパーナース 求人センター スマイルナース キララ アソシア ジョブデポ メディサポ カンゴワークス ジョブナス JJ ドットコム パートナーズ おたすけナース カンゴシティ @Medico アイデム ナイチンゲール セレクト とらばーゆ FA はたらこ DODA 医療ワーカー 看護ジャパン 求人ひろば 求人ER キュービック eナース MEDFit 「科目別の看護師年収」 ER ICU NICU リハビリ科 一般外科 一般内科 眼科 形成外科 健診 呼吸器外科 耳鼻科 手術室 循環器科 小児科 消化器科 心臓血管科 心療科 神経科 人間ドック 腎臓科 整形科 精神科 透析科 脳神経科 泌尿器科 美容整形外科 病理科 婦人科 放射線科 麻酔科 老人科