看護師年収アップ.com

看護師年収の基礎知識 公務員の看護師年収

看護師にも公務員制度が設けられているのをご存知ですか?通常であれば公務員になるためには「公務員試験」に合格しなければ公務員としては認められないのですが、看護師に限っては例外です。国立病院や都道府県立の医療機関に勤めている看護師であれば「公務員」となります。ですから特別な試験や資格は必要ないんですね。国立病院の看護師であれば「国家公務員」、地方の病院に勤務している看護師であれば「地方公務員」となります。

では気になる年収は?と言うと、国立か地方かによって年収に差が生じてきますが、基準は国や都道府県の給料水準で定められています。要するに国立であれば国が決めた給料の基準で、都道府県立であればそれぞれの地方で定められた基準によって給料の金額が変わってきます。これは看護師に限ったことだけではなく、公務員であればどの職種であっても同じことが言えますね。

国立であれば21〜22万円前後、都道府県立であれば19〜20万円といった金額で算出されます。キャリアによって金額に差が生じる場合もあります。看護大学卒業なのか、短大や専門学校卒業なのかで1万円前後の金額で変わってくるようです。それに夜勤や手当が足されたものが毎月のお給料となりますね。平均して毎月の手取りが22〜24万円前後になり年収計算ではボーナスもプラスされますので、おおよそ400万円前後が年収の目安となります。

国家公務員と地方公務員の他にも「特別職国家公務員」に区別される看護師も存在します。この特別職国家公務員は自衛隊病院に勤務する看護師のことを言い、年収にも差が生じてきます。一般の公務員待遇の看護師とは違い防衛省の取り扱いとなるため給料水準が変わり、月収は初任給で27万円からのスタートとなります。特殊な看護勤務ですが、新卒、中途採用どちらも受け付けているので気になる方は問い合せてみるのもよいかもしれませんね。

一般の看護師と公務員の看護師の差は「手当て」にも影響してきます。決められている勤務時間を過ぎて働く場合には「超過勤務手当」が付けられます。民間の医療機関などであれば規定の時間を過ぎなければ残業時間として扱われないため、毎月の給料が前後してボーナスの金額にも影響がありますが、公務員であれば安定した額の月収が約束されていてボーナスの算出や将来設計が推測しやすくなりますね。

「公務員は安定している」などと言った言葉を時々耳にしますが、そういった面で考えると将来設計がスムーズに出来て確かに安定要素のひとつではありますね。また、給料水準も勤務年数によって変化していきますので、それも公務員の魅力ではないでしょうか。地方、国立によっても違いますが5年後でおおよそ年収450万円前後、10年経てば550〜600万円前後といったところではないでしょうか。公務員の看護師は将来を推測しやすいこともあり、就職活動にとって大切なひとつの要素と言えますよね。

看護師年収アップの転職サービスランキング!人気NO.1企業はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>看護師転職サイトランキングの2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2017 看護師年収アップ.com All Rights Reserved.
[他サイト] ナーススタイルTV メディカルワン ワークステーション スーパーナース 求人センター スマイルナース キララ アソシア ジョブデポ メディサポ カンゴワークス ジョブナス JJ ドットコム パートナーズ おたすけナース カンゴシティ @Medico アイデム ナイチンゲール セレクト とらばーゆ FA はたらこ DODA 医療ワーカー 看護ジャパン 求人ひろば 求人ER キュービック eナース MEDFit 「科目別の看護師年収」 ER ICU NICU リハビリ科 一般外科 一般内科 眼科 形成外科 健診 呼吸器外科 耳鼻科 手術室 循環器科 小児科 消化器科 心臓血管科 心療科 神経科 人間ドック 腎臓科 整形科 精神科 透析科 脳神経科 泌尿器科 美容整形外科 病理科 婦人科 放射線科 麻酔科 老人科