看護師年収アップ.com

看護師年収の基礎知識 企業看護師の年収

「看護師」といえば「病院で働くナース」ってなりますよね。でもそれ以外でも看護師の資格を活かして働ける場所はまだまだたくさんあるんです。そのひとつが【産業看護師】、もしくは【企業内看護師】と呼ばれたりもします。そのほかにも「産業保健師」といった呼ばれ方もしますが、その役割は企業で働く従業員を対象として医療補助を施し、状況に応じて適切な処置を行います。分かりやすく言えば学校にいる保健室の先生のような存在ですね。ですから勤務先は、会社の中にある医務室や看護室などに所属して働くこととなります。

しかし産業看護師になるためには産業看護部会で産業看護師としての基礎を学ぶ必要があります。基礎コースの課程を修了し、産業看護部会へ登録が認められれば産業看護師として認定されます。あとは企業内で産業看護師として働くわけですが、ひとつ気になるのがお給料のことですね。産業看護師の年収はいくらくらいなのでしょうか。

産業看護師の年収は、というと勤務先の企業によっても金額は異なってくるのですが、おおよその平均で算出すると450万円〜700万円前後といった収入が予想されます。月収にして30万円〜40万円といったところでしょうか。あくまでも概算で算出しましたが、病院で勤務している看護師の年収モデルと比較してみれば分かりますが、企業看護師の収入の待遇の良さが一目でお分かりになるのではないでしょうか。

どこの企業においても仕事内容にそれほど大きな違いはないのですが、主な業務としては従業員が怪我をした時や体調不慮を起こした時などの応急処置をしたり、健康面での相談の対応や管理、メンタルケアが中心となってきます。

産業看護師として活動をされている看護師は、企業専属で雇用契約を結んでいる方や派遣スタッフとして働いている方など勤務形態はいくつか別れてきます。ではなぜ病院ではなく企業で看護師として働くのか?それは労働と給料のバランスが成立しているからではないでしょうか。病院勤務となれば過去な労働が付き物ですが、企業看護師となれば会社で働いている従業員が対象となるので、会社が定時を迎えれば看護師の業務も終了となります。

時間と労働、収入が成立しているので、企業看護師を目指す方や企業への派遣を希望する看護師が年々増えてきています。企業で働く看護師としての魅力とメリットはひとまとめで言うと、「待遇の良さ」です。労働時間と業務内容、給料が見合わないと言った意見を看護師の方から聞くことが多いですが、企業看護師の場合、その3つどれを見てもバランスの取れていることが「企業で働く看護師は待遇が良い」と言われる理由ではないでしょうか。

看護師年収アップの転職サービスランキング!人気NO.1企業はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>看護師転職サイトランキングの2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2017 看護師年収アップ.com All Rights Reserved.
[他サイト] ナーススタイルTV メディカルワン ワークステーション スーパーナース 求人センター スマイルナース キララ アソシア ジョブデポ メディサポ カンゴワークス ジョブナス JJ ドットコム パートナーズ おたすけナース カンゴシティ @Medico アイデム ナイチンゲール セレクト とらばーゆ FA はたらこ DODA 医療ワーカー 看護ジャパン 求人ひろば 求人ER キュービック eナース MEDFit 「科目別の看護師年収」 ER ICU NICU リハビリ科 一般外科 一般内科 眼科 形成外科 健診 呼吸器外科 耳鼻科 手術室 循環器科 小児科 消化器科 心臓血管科 心療科 神経科 人間ドック 腎臓科 整形科 精神科 透析科 脳神経科 泌尿器科 美容整形外科 病理科 婦人科 放射線科 麻酔科 老人科