看護師年収アップ.com

看護師の年収はブランク明けで下がる?

看護師の仕事には国家資格が必要です。この国家資格を持っていることと専門性の高い仕事であること、そして慢性的な看護師不足という環境から、一般の仕事と比べると比較的安定した求人があります。また、結婚や育児で一度職場を離れた後も復職しやすいという特徴もあります。では、一度職場を離れてブランクがある看護師に対しては、具体的にどのような待遇があるのでしょうか。年収に大きな違いは出てくるのでしょうか。

都心の病院は常に看護師不足に悩まされており、人材が足りないことに頭を抱えている病院も多くあります。そのような都心の大きな病院の場合、ブランクがある看護師に対しても比較的良い条件での求人を多く見かけます。特に入院施設がある病院の場合、看護師をできるだけ多く必要としているので、ブランクのある看護師でも問題なく採用するというケースが多いようです。病院や施設、勤務内容によって違いはあるものの、専門的な知識を持つ看護師は、ブランクがあっても比較的満足できる収入を望むことができます。看護師の収入はブランクのあるなしに関わらず、夜勤があるかどうかということで年収に違いが出てくる場合も少なくありません。夜勤があると特別手当てが月給に加算されるため、年収が上がる仕組みになっています。もしも復職する場合には、自分の生活のリズムを考慮し、夜勤の有無や入院病棟の有無をきちんと確認してから選ぶことが大切になってきます。

先ほどお話ししたように、看護師はブランクがあっても復職しやすい職業です。ただ、都心ではそれほど年収が下がらないような病院もありますが、地方や病院の規模によってはブランク前に比べて年収が下がってしまう場合もあります。看護技術はしばらく使っていないとどうしても低下しがちです。また、医療の知識もブランクが長ければ長いほど忘れてしまうもので、3年のブランクがあると最初から勉強をし直す必要があると言われています。そのような仕事なので、たとえ看護師の資格を持っていたとしてもブランクがあると多少の年収ダウンは覚悟する必要があります。とはいえ一般の仕事よりはもともとの年収が高めなので、これまでの経験年数や勤務条件次第では年収500万円ほどを受け取ることは可能です。

ブランク明けで仕事を探す人の中には、子育てと両立したいため夜勤ができなかったりと時間に融通が利かない場合も少なくありません。年収の額を重視するか、時間的余裕を重視するか、自分の気持ちをきちんと整理しておくことが大切です。



看護師年収アップの転職サービスランキング!人気NO.1企業はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>看護師転職サイトランキングの2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2019 看護師年収アップ.com All Rights Reserved.
[他サイト] ナーススタイルTV メディカルワン ワークステーション スーパーナース 求人センター スマイルナース キララ アソシア ジョブデポ メディサポ カンゴワークス ジョブナス JJ ドットコム パートナーズ おたすけナース カンゴシティ @Medico アイデム ナイチンゲール セレクト とらばーゆ FA はたらこ DODA 医療ワーカー 看護ジャパン 求人ひろば 求人ER キュービック eナース MEDFit 「科目別の看護師年収」 ER ICU NICU リハビリ科 一般外科 一般内科 眼科 形成外科 健診 呼吸器外科 耳鼻科 手術室 循環器科 小児科 消化器科 心臓血管科 心療科 神経科 人間ドック 腎臓科 整形科 精神科 透析科 脳神経科 泌尿器科 美容整形外科 病理科 婦人科 放射線科 麻酔科 老人科