看護師年収アップ.com

看護師の給料は地域格差がある?

「看護師の収入は地域によってお給料に差が出るのか?」、残念ながら答えは「YES」です。「関東や関西、東海地方は給料が良い!」という意見を耳にしますが、これは都市伝説でもなければ噂でもありません。地域別に別けて看護師の所得を比べた結果、数字で判断できる事実なんですね。主に、東京、名古屋、大阪で働く看護師の年収が良いなどと聞きますが、これもまた事実です。しかし、その地域で働く看護師すべてに同じことが言えるかと言うと、決してそうではありません。勤務先や病院の待遇によって変わってきます。

「なぜ、地域によって給料に差が出るのか?」、その理由は、病院の勤務体系と患者の需要です。地方の人口よりも都市部の人口のほうが多いですよね。ということは病院を利用する人も地方に比べて都市部のほうが多くなります。そうなると、それに合わせて看護師も必要となってきます。人口が多くなれば救急搬送される患者や外来患者が増えます。そのような場合に対応するのが夜勤の看護師ですよね。都市部になると24時間体制の病院も多く、夜勤が当然の業務となってきます。

要するに業務が増えれば、残業や夜勤の手当が加算され収入も増えるということですね。また、大規模な病院になると基本給が高めに設定しているところもありますが、それ相応の仕事量をこなさなければなりません。当然ながら夜勤も2交代制、3交代制位で義務付けられます。激務の末、肉体的にも精神的にも追い詰められる看護師は少なくありません。

そうした観点で見ていくと、「地域が違うだけで給料に差が出る」とは言えないのではないでしょうか。それぞれの地域に応じて業務内容や環境が違うように、それに適したラインでのお給料が設定されています。個人差にもよりますし、一概に全ての看護師が業務に見合った収入を得ているとは言えませんが、都市部と地方の給料の違いに限っては、都市部の看護師の収入が多いのは自然なことではないでしょうか。

ほかにも考えられる要素としては、「地域に応じた生活水準」も少なからず影響してくると思います。物価や家賃などがそれに該当しますね。

例えば、看護師のお給料を全国統一にしたとします。どちらの水準で金額を合わしますか?地方の所得モデルに合わせれば都市部の看護師は生活していけなくなりますね。都市部の看護師は一斉ストライキを起こしてしまいますね。では都市部の所得モデルに合わせたとしましょう。どこからも不満が起きずにバランスが保たれるでしょうか。少し無理がありますよね。

地域によってお給料の違いについてご紹介しましたが、最後に、忘れないでいてほしいことがあります。それは、都市部でも地方でも労働力と収入のバランスが取れていなくて悩んでいる看護師がたくさんいるということです。



看護師年収アップの転職サービスランキング!人気NO.1企業はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>看護師転職サイトランキングの2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2019 看護師年収アップ.com All Rights Reserved.
[他サイト] ナーススタイルTV メディカルワン ワークステーション スーパーナース 求人センター スマイルナース キララ アソシア ジョブデポ メディサポ カンゴワークス ジョブナス JJ ドットコム パートナーズ おたすけナース カンゴシティ @Medico アイデム ナイチンゲール セレクト とらばーゆ FA はたらこ DODA 医療ワーカー 看護ジャパン 求人ひろば 求人ER キュービック eナース MEDFit 「科目別の看護師年収」 ER ICU NICU リハビリ科 一般外科 一般内科 眼科 形成外科 健診 呼吸器外科 耳鼻科 手術室 循環器科 小児科 消化器科 心臓血管科 心療科 神経科 人間ドック 腎臓科 整形科 精神科 透析科 脳神経科 泌尿器科 美容整形外科 病理科 婦人科 放射線科 麻酔科 老人科