看護師年収アップ.com

看護師で日勤のアルバイトと夜勤のアルバイトの給与の差は?

大学病院や国立、公立や総合病院など規模の大きい病院になれば入院患者の数もそれなりに多いですよね。そうなると看護師の業務に夜勤が発生します。ですが、なかには家庭の事情や生活の都合上、日勤のみの勤務を希望する看護師もいらっしゃいます。アルバイトや派遣の看護師で病院に勤務するスタッフもいますね。では、日勤と夜勤のお給料にどのような差が生じるのかご紹介しますね。

アルバイトや派遣の看護師になると一般的には時給で換算されます。しかし、4時間や6時間などといった中途半端な勤務時間を設定している病院はほとんどありません。基本的には正社員と同様、定時内であれば8時間の業務時間が義務付けられます。夜勤になると2交代制のところもあれば3交代制の病院もありますので、その設定によって時間も異なってきますね。2交代制だと15時間勤務、3交代制だと8時間勤務といったところでしょうか。

勤務地域や勤め先にもよって差が出てきますが、日勤のアルバイトで看護師の平均時給が1,300〜1,500前後ではないでしょうか。業務内容は正社員の看護師と特に区別はありません。強いて言うならば、入院患者への対応が少ないというところでしょうか。21日働いたとして月の給料が、22〜25万円前後になります。要するに勤務日数次第で月の収入が上下してしまいますね。シフトに融通が利くという点は魅力的ですね。

夜勤になるとまず、手当が付きます。「夜勤手当」ですね。1回の夜勤で3,000円のところもあれば、6,000円以上の病院もあります。時給は手当も含めて算出すると2,000〜2,200前後ではないでしょうか。勤務日数が15日前後1日の勤務時間が14時間の看護師で月の収入を算出すると、月給が40〜45万円前後になります。労働時間についても夜勤専従者のほうが多いことがわかりますね。2交代制を例に算出しましたが3交代制の夜勤専従者についても、月21日の勤務で月の手取りは35万円前後となります。

2交代制、3交代制で勤務している夜勤の看護師と日勤の看護師を比べると、同じ勤務時間で計算したとしても日給に5,000〜7,000円の差が出てきます。理由は単純ですね。夜勤の人員が少ないから給料を高めに設定して、それに加えて深夜手当が付いてくるんですね。例えるなら、コンビニの夜間アルバイトでも同じ現象が起きていますよね。昼間のアルバイトの時給が750〜800円で設定されているのに夜勤では950〜1,000円を超える場合もありますよね。看護師業界も例外ではありませんね。

夜勤専従者を続けるとなれば昼間の生活からは「さようなら」です。全く真逆の生活リズムで過ごさなければなりません。夜勤と言っても椅子に座っているだけではありません。日勤の看護師同様、それ相応の業務が定められています。日々の体調管理がとても重要となってきますよね。



看護師年収アップの転職サービスランキング!人気NO.1企業はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>看護師転職サイトランキングの2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2019 看護師年収アップ.com All Rights Reserved.
[他サイト] ナーススタイルTV メディカルワン ワークステーション スーパーナース 求人センター スマイルナース キララ アソシア ジョブデポ メディサポ カンゴワークス ジョブナス JJ ドットコム パートナーズ おたすけナース カンゴシティ @Medico アイデム ナイチンゲール セレクト とらばーゆ FA はたらこ DODA 医療ワーカー 看護ジャパン 求人ひろば 求人ER キュービック eナース MEDFit 「科目別の看護師年収」 ER ICU NICU リハビリ科 一般外科 一般内科 眼科 形成外科 健診 呼吸器外科 耳鼻科 手術室 循環器科 小児科 消化器科 心臓血管科 心療科 神経科 人間ドック 腎臓科 整形科 精神科 透析科 脳神経科 泌尿器科 美容整形外科 病理科 婦人科 放射線科 麻酔科 老人科