看護師年収アップ.com

看護師の年収はこの先あがっていく?

長く勤めていれば看護師の収入は経験年数に合わせて年収も増えます。高低差は病院や看護師によって様々ですが、人事院のデータを参照しながら確認してみると、東京都の総合病院に勤務する看護師を例にすると、21歳の看護師で年収が410万円前後です。5年経つと年収は450万円前後になります。さらに5年経つと484万円前後です。40歳の時で550万円前後になりますから19年間で140万円前後収入が多くなったことになりますね。年間で7〜8万円の昇給となります。

これはあくまで人事院のデータを基準に平均した結果ですが、看護師によって昇給率には差があります。25歳の時には年収400万円前後だったのに40歳の時の年収は680万円前後になったという看護師もいます。15年で180万円多くなり、年間で12万円ずつ昇給していったことになりますね。看護師にとって経験年数とは、転職や収入などに影響を及ぼす、強力な武器なんですね。

また、資格やスキルを磨いて助産師の資格や保険師の資格、専門看護師や認定看護師になることで年収をアップさせることは可能です。例えば助産師となると、看護師の頃の年収より100〜150万円以上の年収アップが期待できるようです。そのほかの資格についても手当が付いたり、専門の医療機関で勤務するとなれば基本給の設定が高い場合もあります。しかしスキルアップにはそれなりの費用と時間が必要となってきますね。専門の教育機関に通ったり、試験に合格しなければならないなど資格を取得するためには様々な条件が出てきますが、その後の収入は確実に上がるでしょう。

最近では、正社員の枠に収まらず、派遣やアルバイトをうまく活用して高収入を所得している看護師も増えてきています。例えば、夜勤専従者の男性看護師の場合、派遣の看護師スタッフとして総合病院の夜勤専従者として勤務しています。2交代制の夜勤専従で月に15回前後勤務しています。1日に日給が3万円前後で月収は45万円前後になります。それとは別にアルバイトで訪問介護もしているようです。月に4回程度の業務で8万円前後だそうです。派遣の夜勤専従と訪問介護のアルバイトを合わせると53万円になります。年収で考えれば、看護師の平均年収をはるかに上回る収入を所得していることになりますよね。

このように看護師の資格を活かして、自分で仕事のスタイルを組んで高収入を得ている看護師もなかにはいらっしゃいます。年収についてお悩みの看護師も少なくはないと思いますが、可能性はまだまだ膨らむばかりです。どこかのタイミングで自分の年収と適正年収を比較して、今後のために見直してみるのも良い方法かもしれませんね。



看護師年収アップの転職サービスランキング!人気NO.1企業はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>看護師転職サイトランキングの2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2019 看護師年収アップ.com All Rights Reserved.
[他サイト] ナーススタイルTV メディカルワン ワークステーション スーパーナース 求人センター スマイルナース キララ アソシア ジョブデポ メディサポ カンゴワークス ジョブナス JJ ドットコム パートナーズ おたすけナース カンゴシティ @Medico アイデム ナイチンゲール セレクト とらばーゆ FA はたらこ DODA 医療ワーカー 看護ジャパン 求人ひろば 求人ER キュービック eナース MEDFit 「科目別の看護師年収」 ER ICU NICU リハビリ科 一般外科 一般内科 眼科 形成外科 健診 呼吸器外科 耳鼻科 手術室 循環器科 小児科 消化器科 心臓血管科 心療科 神経科 人間ドック 腎臓科 整形科 精神科 透析科 脳神経科 泌尿器科 美容整形外科 病理科 婦人科 放射線科 麻酔科 老人科