看護師年収アップ.com

看護師と介護士の給料は格差があるの?

看護師の給料と介護士の給料を比べた時、どちらの収入が多いのか、どちらか選べと言われたらそれは看護師ですね。まず、基本給の設定から違います。看護師の場合、一般的な年収モデルを見てもわかるように初任給の基本給が20〜22万円から始まります。それに夜勤の手当や残業代などが加算され、手取りで25万円前後でしょうか。年収で考えてもボーナスをあわせて400万円前後にはなります。初任給関係なく平均すると看護師の平均年収が480〜550万円となります。

では、介護士はというと、平均的な基本給の設定が16万円前後です。残業代や夜勤の手当が付いて手取りで18万円前後ではないでしょうか。年収にするとボーナス合わせ280〜300万円前後が平均的です。もちろん施設や勤め先の待遇によって変わってきますが、厚生省のデータを基準に算出するとこのような結果になります。

2つの金額を単純に差し引きすると、看護師のほうが120〜200万円多いことがわかりますね。ではなぜこんなにも差があるのか。それは「手当の差」が大きいようです。そもそも基本給も違いますが、夜勤となれば1回につき5,000円前後の手当が支給されます。平均的に6〜8回の夜勤がありますので4万円前後が1ヶ月の手当となりますね。それ以外に時間外勤務の手当や残業代などが加算されていきます。

ですが、看護師と介護士の収入の差について根本的な違いを言うと、それは「資格」と「業務」の内容です。看護師の仕事は「業務独占資格」によって医療行為を行うことが認められています。例えば、注射や点滴などがそれにあたりますね。そのような権利を有するのが看護師の国家資格です。

介護士にも国家資格はあります。介護福祉士ですね。しかし、介護職の場合、資格保有者とそうでない人の業務内容に差が無い場合がほとんどです。なかには「名称独占資格」を持っている介護士の方もいますが、そのような場合、管理職や専門職として働いていることが多いですね。

つまりは看護師の業務については専門性が高く、医療行為を行うため資格に応じた給料が設定されていますが、介護士については業務内容や資格を考慮して給料が設定されていないということになります。要するに「医療行為」と「専門的な業務」の違いで看護師と介護士の給料に差が出ているんですね。

この他にも地域性や勤め先の待遇によって給料の差は異なってきます。格差というよりそもそも職業としてのジャンルが違うので、給料を比べるのはあまりフェアではないような気がしますが。



看護師年収アップの転職サービスランキング!人気NO.1企業はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>看護師転職サイトランキングの2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2018 看護師年収アップ.com All Rights Reserved.
[他サイト] ナーススタイルTV メディカルワン ワークステーション スーパーナース 求人センター スマイルナース キララ アソシア ジョブデポ メディサポ カンゴワークス ジョブナス JJ ドットコム パートナーズ おたすけナース カンゴシティ @Medico アイデム ナイチンゲール セレクト とらばーゆ FA はたらこ DODA 医療ワーカー 看護ジャパン 求人ひろば 求人ER キュービック eナース MEDFit 「科目別の看護師年収」 ER ICU NICU リハビリ科 一般外科 一般内科 眼科 形成外科 健診 呼吸器外科 耳鼻科 手術室 循環器科 小児科 消化器科 心臓血管科 心療科 神経科 人間ドック 腎臓科 整形科 精神科 透析科 脳神経科 泌尿器科 美容整形外科 病理科 婦人科 放射線科 麻酔科 老人科