看護師年収アップ.com

個人病院やクリニック、総合病院や大学病院の給料の差はある?

看護師として働いている以上、必ず出てくる話題が「勤め先による給料の違い」ですよね。もっと分かりやすく言えば、個人病院やクリニック、総合病院や大学病院の給料に差はあるのか、ということですね。もちろん勤め先の病院によって給料に違いが出てきます。病院に限らず、一般の方でも会社によってお給料が人それぞれ違いますよね。看護師も同じです。

では、どれくらい差があるのか、それぞれの給料を例にあげて病院別に確認してみましょう。年齢や勤務地などによって違いが出てきますので、ここでは関東・関西・東海で働く31〜35歳の看護師を対象に収入の平均をご紹介いたしますね。

総合病院勤務  月/ 28〜32万円  年収/ 430〜480万円
クリニック勤務  月/ 23〜28万円  年収/ 330〜400万円
民間病院勤務  月/ 25〜28万円  年収/ 380〜430万円
大学病院勤務  月/ 30〜34万円  年収/ 460〜550万円
公立病院勤務  月/ 32〜36万円  年収/ 480〜550万円

すべてにおいて言えることは、病院によって規模や待遇が異なってくるということです。規模とは入院患者数であったり、待遇とは夜勤の手当や残業代などがそれにあたりますね。規模が大きくなれば管理数や業務も増え、手当の設定も高くなってきます。例えば民間の病院でも経験年数で大きく変わってきます。31〜35歳の看護師の年収平均を例に見ても、勤務年数が1〜3年だと380万円前後、4〜8年だと400万円、10年以上になると420万円で算出されます。

このように年収の相場を参考にする時は、勤め先の病院の条件だけではなく自分自身の経歴やキャリアも重要となってきます。特に規律の厳しい医療機関に務めるとなれば、そういった判断基準を基に給料の査定を行うでしょう。ですから、「なぜ、その給料なのか?」ではなく、「なぜ、そのような給料でなければならないのか?」ということを観点として参考にすれば、それぞれの病院の仕組みや内容によって給料に差が出てくることがお解りになるのではないでしょうか。

そのほかにも経営状態が影響する場合もあります。クリニック勤務だと、先ほどは一般的な年収例をご紹介いたしましたが、それをはるかに上回る看護師の方もいらっしゃいます。「美容整形外科」などのクリニックで働く看護師で、年収が500万円以上の方もいるようです。近年では美容整形外科の需要が高くなり、その人気に伴って経営状態が良くなったクリニックでは看護師への待遇も良くなっているようです。

また、特殊な医療を専門とする病院などで勤務する看護師についても、給料の設定は高くなっているようです。ガン医療の病院に勤務する専門看護師であったり、特殊な看護を目的とした医療機関で働いている認定看護師などが良い例ですね。



看護師年収アップの転職サービスランキング!人気NO.1企業はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>看護師転職サイトランキングの2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2018 看護師年収アップ.com All Rights Reserved.
[他サイト] ナーススタイルTV メディカルワン ワークステーション スーパーナース 求人センター スマイルナース キララ アソシア ジョブデポ メディサポ カンゴワークス ジョブナス JJ ドットコム パートナーズ おたすけナース カンゴシティ @Medico アイデム ナイチンゲール セレクト とらばーゆ FA はたらこ DODA 医療ワーカー 看護ジャパン 求人ひろば 求人ER キュービック eナース MEDFit 「科目別の看護師年収」 ER ICU NICU リハビリ科 一般外科 一般内科 眼科 形成外科 健診 呼吸器外科 耳鼻科 手術室 循環器科 小児科 消化器科 心臓血管科 心療科 神経科 人間ドック 腎臓科 整形科 精神科 透析科 脳神経科 泌尿器科 美容整形外科 病理科 婦人科 放射線科 麻酔科 老人科