看護師年収アップ.com

看護師の50歳の年収はどれくらい?

勤続年数が増えれば収入は上がるのか?答えは「YES」です。では、年齢に応じて給料の待遇は良くなるのか?これについては「YESとNO」どちらのパターンもあります。例えば看護師経験が長くてキャリアがあれば、転職先の病院でもそれなりの待遇は受けられるでしょう。しかし、休職期間が長かったり、ある程度年齢が過ぎてから資格を取った方で看護師の経験が少なければ、それに応じた査定で給料は支給されるはずです。特殊な業界ですから、全ての病院でそのルールが適用されるとは一概には言うことは出来ませんが。

そのことを踏まえたうえで50歳の看護師を例にあげて年収を参考にすると、次のようにモデルが別れてきます。

<50歳 看護師歴3年目 10人の方を対象にした平均>
160時間勤務 7時間残業 手取り26万円 年収380万円
<50歳 看護師歴11年目 10人の方を対象にした平均>
160時間勤務 5時間残業 手取り35万円 年収500万円
<50歳 看護師歴15年目 10人の方を対象にした平均>
160時間勤務 5時間残業 手取り35万円 年収530万円

<50歳 看護師歴20年目 10人の方を対象にした平均>
160時間勤務 5時間残業 手取り38万円 年収580万円

厚生労働省の調べによると、看護師を対象とした年収の平均が50歳の方では540万円前後で報告されています。この平均より上回る年収を得ている看護師の場合、管理職に付いていたり、待遇の良い勤務先で働いている方ではないでしょうか。

50歳の看護師長の年収モデルが650〜700万円前後で算出されます。勤め先の病院や待遇によっても異なってきますが、多いところでは850万円以上とも言われていますね。月の手取りにして45万円前後といったところでしょうか。それに合わせてボーナスが加算されて年収となりますね。

またその他にも介護施設の管理職であったり、訪問看護をされている看護師であれば平均の年収をはるかに上回る方もいらっしゃいます。同じ年齢でも経験やキャリアによって年収に差が出るのは、看護師業界に限ったことだけではありませんよね。ですが、平均的な年収と自分の現状を比べて今後の役に立てるための知識としては、非常に有益な情報であると言えるのではないでしょうか。

年収モデルを参考にスキルアップの為に資格を取得したり、可能性を広げるために違う勤務先への転職を考えたりする方も増えています。アテになるアテにならないではなくて、一つの設定として判断ツールになれば、こういった情報も有効活用していけるのではないでしょうか。役に立つ知識は増やしておいても損はありませんよね。



看護師年収アップの転職サービスランキング!人気NO.1企業はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>看護師転職サイトランキングの2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2018 看護師年収アップ.com All Rights Reserved.
[他サイト] ナーススタイルTV メディカルワン ワークステーション スーパーナース 求人センター スマイルナース キララ アソシア ジョブデポ メディサポ カンゴワークス ジョブナス JJ ドットコム パートナーズ おたすけナース カンゴシティ @Medico アイデム ナイチンゲール セレクト とらばーゆ FA はたらこ DODA 医療ワーカー 看護ジャパン 求人ひろば 求人ER キュービック eナース MEDFit 「科目別の看護師年収」 ER ICU NICU リハビリ科 一般外科 一般内科 眼科 形成外科 健診 呼吸器外科 耳鼻科 手術室 循環器科 小児科 消化器科 心臓血管科 心療科 神経科 人間ドック 腎臓科 整形科 精神科 透析科 脳神経科 泌尿器科 美容整形外科 病理科 婦人科 放射線科 麻酔科 老人科