看護師年収アップ.com

看護師が転職した場合転職先の病院では初任給が今までよりも下がる?

看護師の転職事情はいつの時代も情報収集が基本です。そのなかでも特に多い意見が「転職したら給料は下がるのか?」という悩みですね。転職するというからには何か事情があってのことですよね。「今の職場に飽きたから」なんて理由はあまり聞いたことがありませんよね。

実際に転職した時、転職先の給料は今までよりも下がってしまうことがあるのでしょうか。そうですね。ざっくり言ってしまえば、下がる場合もありますね。それは、どこの勤務先に転職するかによって大きく変わってきます。また、現状のキャリアがどれほどかによっても変わってきます。では、具体的な要因としてどのようなことがあるのか、少しだけお話しますね。

看護師の平均年収が475万円前後で算出されます。これについては地域差や勤め先の待遇によっても異なってきますが、厚生労働省のデータを参照するとこのような数字で調査報告が出されています。例えば、今の年収が300万円だったとしましょう。労力に収入が見合わず我慢できない、という理由から転職を考えたとします。きちんと情報を収集して転職活動をすれば次の勤め先での給料は上がるでしょう。なぜそのようなことが言えるのか。それは客観的に見ても、その年収設定が看護師の平均年収から程遠くかけ離れているからです。

300万円の年収と475万円の平均年収の差は、どのようなことが原因で生じるのでしょうか。それは、看護師の給料に大きく影響しているものが少ないか、多いかの違いですよね。代表的なものが「夜勤手当て」ですね。基本給の設定が同じでも手当の支給額が違えば給料には差が出ますよね。要するに、同じ21万円の基本給が設定されている看護師でも夜勤の手当が1万円と5万円では、それだけでも給料に大きな差が生じるのではないでしょうか。

それから、夜勤がある病院か、そうでないかによっても給料は大きく異なってきます。ボーナスについても月収を基本として算出しますので、月の収入が少なければ、ボーナスの額も少なくなりますよね。また賞与の設定が給料2ヶ月分や4ヶ月分といったように病院によってもそれぞれです。

そういったことを踏まえながら転職活動を上手く行えば、収入アップは決して無理な話ではありませんよね。中途採用でも看護師の経歴、経験年数を考慮して給料を設定してくれる病院は探せば色々と出てくるはずです。もし、今の給料が平均年収を大幅に上回る数字で、次の勤め先にそれよりももっと多くを望むようなことが転職の理由であれば話は少し変わってきますね・・・。そうなれば、それなりのキャリアと経験年数が必要不可欠となってくるでしょう。

転職をする際は、現状で看護師として自分がアピールできる要素と、経験年数、動機などを武器に上手な転職活動を行えば、きっとより良い勤め先が見つかることでしょう。



看護師年収アップの転職サービスランキング!人気NO.1企業はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>看護師転職サイトランキングの2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2018 看護師年収アップ.com All Rights Reserved.
[他サイト] ナーススタイルTV メディカルワン ワークステーション スーパーナース 求人センター スマイルナース キララ アソシア ジョブデポ メディサポ カンゴワークス ジョブナス JJ ドットコム パートナーズ おたすけナース カンゴシティ @Medico アイデム ナイチンゲール セレクト とらばーゆ FA はたらこ DODA 医療ワーカー 看護ジャパン 求人ひろば 求人ER キュービック eナース MEDFit 「科目別の看護師年収」 ER ICU NICU リハビリ科 一般外科 一般内科 眼科 形成外科 健診 呼吸器外科 耳鼻科 手術室 循環器科 小児科 消化器科 心臓血管科 心療科 神経科 人間ドック 腎臓科 整形科 精神科 透析科 脳神経科 泌尿器科 美容整形外科 病理科 婦人科 放射線科 麻酔科 老人科