看護師年収アップ.com

看護師の給料って昇給はどれくらい?

お給料には、手取り、ボーナス、手当、など内訳が色々とありますが、勤めていれば気になるものが「昇給」ですよね。看護師の昇給についてはどのようになっているのでしょう。勤務歴や年齢に応じて毎年お給料の見直しをするのですが、看護師の場合、 今までの基本給に数千円の手当が加算されるくらいだと思って問題ないかもしれませんね。要するに基本給が今までよりも少し高くなるということですね。昇給のタイミングとしては、1年で1〜2回が目安ではないでしょうか。

よく「国立病院は昇給率が良い」とか、「民間は昇給率が悪い」などといった言葉を耳にすることもありますが、ジャンルに別けて昇給を比べるのは難しいと思いますね。しかしながら、病院によって昇給率に格差があることは間違いないようです。

国立病院で勤務している看護師を例にあげても、大阪のA病院では年に1回の昇給で基本給が1万円上がった看護師もいれば、名古屋のB病院に勤める看護師は年1回の昇給で5千円だったという方もいます。地方の意見を聞いてみれば1,000円の昇給だったという看護師もいるくらいです。基本的に昇給とは年齢や勤務歴が基準となりますが、一概にそうとも言い切れません。病院によってはそれぞれの規程に基づいて算出している場合も少なくありません。昇給率によって定められている場合が多く、20万円の基本給から3%の昇給率だと6千円、2%だと4千円といった算出になりますね。なので、昇給される際は現状の基本給も一つの基準になっていることを忘れてはいけませんね。

日本の昇給率は平均2.8%と、他国と比べて低い水準となっています。企業によっては昇給が飛び抜けて良いところもあるようですが、この水準で判断すると、そうでないところがほとんどのようですね。看護師においても昇給率の良いところもあれば、低い設定の勤め先もありますが、ひとつの「手当て」として考えておいたほうが良さそうですね。

昇給の算出方法には勤め先によって違いますが、例えば、今のお給料の基本給が21万円としましょう。2.8%の昇給率で計算すると、来年は215,880が基本給となりますね。では10年後は?そう考えると単純に計算して7,500円の昇給で基本給は27万円前後となります。この数字はあくまでもモデルにすぎませんので、実際のところは予定通りにいくとは限りません。年数を重ねるごとに役職やスキルが考慮されれば、基本給が予定をはるかに上回って設定されることもあるかもしれません。ですから、昇給はあくまでも目安として考えておいたほうがよさそうですね。



看護師年収アップの転職サービスランキング!人気NO.1企業はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>看護師転職サイトランキングの2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2018 看護師年収アップ.com All Rights Reserved.
[他サイト] ナーススタイルTV メディカルワン ワークステーション スーパーナース 求人センター スマイルナース キララ アソシア ジョブデポ メディサポ カンゴワークス ジョブナス JJ ドットコム パートナーズ おたすけナース カンゴシティ @Medico アイデム ナイチンゲール セレクト とらばーゆ FA はたらこ DODA 医療ワーカー 看護ジャパン 求人ひろば 求人ER キュービック eナース MEDFit 「科目別の看護師年収」 ER ICU NICU リハビリ科 一般外科 一般内科 眼科 形成外科 健診 呼吸器外科 耳鼻科 手術室 循環器科 小児科 消化器科 心臓血管科 心療科 神経科 人間ドック 腎臓科 整形科 精神科 透析科 脳神経科 泌尿器科 美容整形外科 病理科 婦人科 放射線科 麻酔科 老人科