看護師年収アップ.com

看護師年収の基礎知識 看護師の初任給(年収)

 看護師の初任給は、一般的な会社員の初任給よりも比較的高額であるといえます。もっとも、働く地域によって初任給に差があるのが一般的なのですが、人事院が実施した職種別民間給与実態調査によると、首都圏であれば大卒の看護師の初任給でおおよそ20.6万円というデータが発表されています。この20.6万円は時間外手当等の諸手当を除いたものですから、時間外や深夜の勤務が多い看護師の仕事柄、実際に初任給として受け取る額はもっと高額であると予想されます。今ご紹介した額は首都圏の例ですが、地方都市の看護師の初任給はこの20.6 万円という額よりも、1万円程度低くなるのが一般的です。また、国立病院や県立病院、市立病院といった勤務先の違いによっても、誤差が生じます。さらにお短期大学卒の新任看護師の初任給などは、大卒看護師の初任給よりも若干少なくなっています。ちなみに厚生労働省発表の賃金構造基本統計調査によれば、全職種を対象にした男女大卒者の初任給がおおよそ195.8万円であることが明らかになっています。

 大学を卒業したばかりの新入社員の場合、一般的には研修といった意味合いで働くことが多く、「すぐにその職場で活躍」といったケースはほとんどないでしょう。その点、看護師の場合はフットワークが軽い新卒の看護師であれば、技術的にはまだまだ及ばないにせよ、患者さんを持ち上げたり身体を拭いたり等の介助業務で、即戦力としてすぐに活躍できることが期待されています。そのために、初任給としてもその労働に見合うだけのものが想定されているのでしょう。また時間外や深夜に関しても、早く慣れてしっかりとこなせるようになって欲しいという現場の声を反映して、割合早期からシフトに組み込まれることも多々あるかと思います。それに伴う諸手当が加算されることで、看護師の初任給として受け取る金額には一般的な会社員の初任給と大きく差が生じているのです。

 近年の医療現場においては、常に医師や看護師といった医療に携わる者の人材不足の悲鳴がやむことはありません。看護師の皆さん、現場をちょっと思い出してみてください。常に多忙を極め、壮絶な状況ではありませんか?こうした医療現場の叫びが新卒の看護師への即戦力としての期待感を生み、そのため新卒の看護師には、たとえ新卒者であっても臨機応変に幅広く活躍する使命が課せられています。そういった背景から、看護師の初任給が一般的な初任給よりも高額であることはもっともなことで、そこに何ら疑問を生じさせる余地はないのです。

看護師年収アップの転職サービスランキング!人気NO.1企業はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>看護師転職サイトランキングの2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2017 看護師年収アップ.com All Rights Reserved.
[他サイト] ナーススタイルTV メディカルワン ワークステーション スーパーナース 求人センター スマイルナース キララ アソシア ジョブデポ メディサポ カンゴワークス ジョブナス JJ ドットコム パートナーズ おたすけナース カンゴシティ @Medico アイデム ナイチンゲール セレクト とらばーゆ FA はたらこ DODA 医療ワーカー 看護ジャパン 求人ひろば 求人ER キュービック eナース MEDFit 「科目別の看護師年収」 ER ICU NICU リハビリ科 一般外科 一般内科 眼科 形成外科 健診 呼吸器外科 耳鼻科 手術室 循環器科 小児科 消化器科 心臓血管科 心療科 神経科 人間ドック 腎臓科 整形科 精神科 透析科 脳神経科 泌尿器科 美容整形外科 病理科 婦人科 放射線科 麻酔科 老人科